/

この記事は会員限定です

伊藤忠、中国の総合医薬と包括提携 日本の医薬品を中国で販売

[有料会員限定]

伊藤忠商事は中国の総合医薬大手の百洋医薬グループ(青島市、付鋼董事長)と包括業務提携を結んだ。第1弾として、伊藤忠の中国医薬卸の子会社に百洋が少額出資する。インバウンド(訪日外国人)で人気の医薬品や健康食品、処方薬を百洋の営業網を通じて販売する。伊藤忠は2023年までに百洋と協力して進める事業の売上高で100億円を目指す。

中国は30年までに健康増進を国家政策に掲げており、関連市場は300兆円弱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン