日産を欲しがるフランス 本社コメンテーター 中山淳史

2018/5/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスのマクロン大統領は近著「革命」で自らの生い立ちや青春時代、政治家に目覚める過程をかなり正直に書いている。既婚女性との恋愛と結婚、オランド前大統領との不和……。

そんな自伝の第1章「思想」に「アンガージュマン」という言葉が出てくる。英語のエンゲージメントだが、意味的に最も近い言葉はコミットメントだそうだ。日本語訳は「奉仕」。哲学者サルトルの「社会参加」の流れをくむ。

カルロス・ゴーン氏が仏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]