フィリピン、出稼ぎ虐待で中東と摩擦 クウェートへ派遣停止

2018/5/10 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンからの出稼ぎ労働者の処遇を巡り、同国と中東諸国との関係がぎくしゃくしている。クウェートとサウジアラビアで相次ぎ虐待が発生。死者が出たクウェートに対しては労働者の新規派遣を停止した。フィリピン経済は在外労働者による送金で下支えされており、同国政府は事態の収拾を急いでいる。

マニラの国際空港に4月下旬、家政婦などとしてクウェートで働いていた労働者216人が到着した。フィリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]