2019年4月26日(金)

ツナ缶大手タイ・ユニオン、ルクセンブルク同業買収

2018/5/10 17:08
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】ツナ缶世界最大手のタイ・ユニオン・グループはルクセンブルクの水産加工大手TUMDルクセンブルクを買収すると発表した。まずは7月にも1600万ドル(約17億5000万円)を投じて株式の45%を取得。今後3年で出資比率を段階的に引き上げ、最終的に株式の80%を取得する計画だ。ロシアに強みを持つTUMDの買収を通じ、欧州市場での存在感を高める。

TUMDはロシアで水産加工会社や水産品販売会社など3社から成るDPRグループを運営。「マグロ」や「キャプテン・オブ・テイスツ」などのブランドを展開している。DPRグループの売上高は約4500万ドルでツナ缶製造会社としてはロシアで最大手という。タイ・ユニオンはロシアの独占禁止当局の認可を得た後、株式の取得を進めるとしている。

タイ・ユニオンは売り上げの4割を米国やカナダ、3割を欧州で稼ぎ出している。買収を通じてこれまで手薄だったロシア市場を開拓し、欧州での存在感をさらに高める考えだ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報