/

この記事は会員限定です

中国CATL、ルノー・日産に車載電池供給

日本車で第1弾

[有料会員限定]

車載電池の世界大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は、仏ルノーと日産自動車が新開発している電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池を供給する。CATLにとって日本車向けの車載電池供給で第1弾となる。月内には横浜市に営業・開発支援拠点を新設する予定で、日本車メーカーとの取引拡大に弾みをつける。

日産が18年後半に中国で発売する予定のEVセダン「シルフィ ゼロ・エミッション」に供給する。シル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン