/

この記事は会員限定です

「民間との協調融資を原則に」 日本公庫総裁、民業圧迫批判受け

[有料会員限定]

日本政策金融公庫(日本公庫)の田中一穂総裁は日本経済新聞社の取材に対し、中小企業への融資を原則として地銀などとの協調融資にすると述べた。融資の際に他の民間金融機関を紹介することを内部で義務付ける。地銀などから「民業圧迫」との批判が高まるなか、単独融資を抑え、民間との協調につなげる。

田中総裁は「顧客が日本公庫から全額借りたいという場合にはひたすら説得し、民間金融機関に紹介させてもらう」と述べた。顧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン