通信網、アジア目指す 米グーグルなど
ネット需要で海底敷設急増

2018/5/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オーストラリアの通信会社テルストラや米グーグルなどがアジアとつなぐ海底通信ケーブルを相次いで敷設している。世界のネット需要の伸びをアジアがけん引しているためだ。2020年までの3年間でアジア域内・外を結ぶ海底通信ケーブルの新設距離数は過去3年に比べて3割伸びる。急増するネット需要を背景に、ネットの基幹インフラでもアジア重視が鮮明になっている。

昨年末、米国から日本を経由してフィリピンまで届く長さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]