/

この記事は会員限定です

マレーシア政権交代、東南ア揺らす「期待の革命」

アジア・エディター 高橋徹

[有料会員限定]

9日のマレーシア連邦議会下院選でマハティール元首相が率いる野党連合が勝利し、1957年の英国からの独立以来、62年目にして初の政権交代が確実となった。与党連合を率いるナジブ首相の汚職疑惑や強権姿勢に国民がノーを突き付けた。東南アジア各国では今後、国政選挙が目白押しだ。民主化の後退も目立つ周辺国に「マレーシア・ショック」はどんな影響を及ぼすのか。

東南アでは7月末にカンボジアが総選挙を予定。2019...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン