2019年6月25日(火)

柳瀬元秘書官、加計関係者と面会認める 首相の関与否定
参考人招致

2018/5/10 9:19 (2018/5/10 13:07更新)
保存
共有
印刷
その他

衆院予算委員会は10日午前、国家戦略特区を活用した学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、元首相秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官を参考人招致した。柳瀬氏は2015年2月以降に首相官邸で加計学園関係者と計3回面会したと認めた。ただ獣医学部新設を巡り安倍晋三首相に報告したり首相から指示を受けたりしたことはなかったとし、首相の関与を否定した。

愛媛県が作成した文書には、柳瀬氏が加計学園関係者や愛媛県職員、同県今治市職員と15年4月に面会した際に「本件は首相案件」と述べたとの記録が残っている。柳瀬氏は面会は「加計学園事務局の方から申し出があった」と説明。愛媛県や今治市職員との面会は「記憶にないが、10人近い随行者の中にいたのではないか」と述べた。

「首相案件」と話したことに関しては「私の発言として、やや違和感がある」と語った。「私からは『国家戦略特区制度は安倍政権の成長戦略の看板政策だ。獣医学部新設の解禁は総理が早急に検討していくと述べた案件だ』と紹介したように思う」と説明。「今治市の個別プロジェクトが首相案件になる旨を申し上げるとは思えない」と強調した。

加計学園関係者とは15年2~3月ごろ、同年4月と6月上旬の計3回、首相官邸で面会したと明かした。「特区の関係で会った民間の方は加計学園だけだ」と述べた。加計孝太郎理事長とは13年に首相の別荘で首相を交えて会ったとも話した。

首相は10日午前、首相官邸で記者団に「柳瀬元秘書官は誠実に答えると思うし、全てを明らかにしてもらいたい」と語った。立憲民主党の長妻昭代表代行は記者団に「3回も首相官邸で加計学園と会っている。えこひいきでない理由を探す方が難しい」と述べた。

柳瀬氏が学園関係者と面会していたと認めたことで、獣医学部新設計画を17年1月まで知らなかったとする首相答弁の正当性を野党は追及する構えだ。柳瀬氏は15年2月から3月には計画を認識していたと話しており、獣医学部の新設が「加計ありき」で進んでいた可能性を野党は指摘する。 国家戦略特区ワーキンググループ座長の八田達夫大阪大名誉教授は、加計学園の獣医学部新設認可の正当性を主張した。「首相、秘書官から働きかけを受けたことはない」と語った。

午後には参院予算委員会で柳瀬氏を参考人招致する。与党側の参考人として、参院では加戸守行・前愛媛県知事も招致する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報