香川の企業が生産性向上急ぐ 高い求人倍率、人手不足深刻

2018/5/9 21:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香川県内の企業が労働生産性の向上を急いでいる。同県は足元で有効求人倍率が四国内で最も高く、人手不足感が強まっており、中長期的には生産年齢人口の減少も避けられない。ソフトウエアを使って単純業務を削減したり、働き方改革を提案できる社員を育てたりしている。県は中小企業の業務改善を進めようと人工知能(AI)導入などの支援を開始した。

穴吹興産では金融機関の取引が終わった午後3時以降、20代の社員が専用端…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]