/

この記事は会員限定です

ゲーム業界特許ラッシュ 紛争過熱の弊害懸念も

[有料会員限定]

老舗から新興企業まで入り乱れるゲーム業界がゲーム特許の取得を競っている。企業によっては特許出願が年300件に及ぶケースも出てきた。遊び方のアイデアを知的財産の権利として確保し開発競争で有利になるのが狙いだ。ただ有力企業の特許紛争が相次いでおり、過熱すればゲーム開発を阻害しかねないとの見方もある。最前線の声から、現状と課題を展望する。

「特許ばかりで足の踏み場もない」

任天堂コロプラ、グリー対スーパーセル(フィンランド)、カプコン対コーエーテクモゲーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン