/

この記事は会員限定です

大飯原発1、2号機廃炉 地元活性化は スタートアップの拠点作り

おおい町の中塚寛町長に聞く

[有料会員限定]

大飯原子力発電所3、4号機はトラブルなく再稼働したが、同1、2号機は廃炉が決まり、地元経済の動力は半減した。原発に代わる特効薬はないものの、スタートアップ企業の生まれる土壌や新たな工場団地の整備で地道な振興策を模索するおおい町。中塚寛町長に今後の展望を聞いた。

――1、2号機の廃炉が決まりました。

「町内のほとんどの事業者がなんらかの形で原発に関わっているため、正直、衝撃は大きい。これまでは1年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン