/

将棋の棋聖戦、豊島八段が挑戦(盤外雑記)

豊島八段

将棋の第89期棋聖戦の挑戦者決定戦で、豊島将之八段が三浦弘行九段を破って挑戦権を獲得した。3期ぶり2度目の棋聖挑戦で、念願の初タイトルを目指す。羽生善治棋聖との五番勝負第1局は6月6日、兵庫県洲本市で指される。

囲碁で日本、中国、韓国のテレビ棋戦の上位者らが早碁で戦う第30回テレビアジア選手権の決勝で、金志錫九段が羅玄八段との韓国勢対決を制して優勝した。日本代表の井山裕太王座、志田達哉七段はともに1回戦で敗退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン