/

船井電機、FOMMとEVを共同開発 協業拡大も検討

船井電機は9日、小型電気自動車(EV)を開発するFOMM(フォム、川崎市)と共同開発を目的とする契約を結んだと発表した。FOMMが国内外で発売を計画する小型EVの部品を開発するほか、製造も担うという。今後はFOMMの製品を中心に、他社との協業拡大も検討する。

FOMMは2013年設立のスタートアップ企業。国内で小型EVの販売をめざすヤマダ電機とも資本業務提携を結んだ。船井電機はヤマダが販売するEVの製造なども検討する。

船井電機は国内の自動車メーカー向けに、液晶メーターのバックライトを生産している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン