/

この記事は会員限定です

米企業がセキュリティー人材育成サービス

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ出身者が設立した米スタートアップ企業が9日、サイバー攻撃などからシステムを守る「ホワイトハッカー」と呼ばれる人材の育成サービスを日本で始めると発表した。あらゆるものがネットにつながるIoT時代を見据え、サイバー対策は産業界の大きな課題。セキュリティー人材は2020年に約20万人不足すると言われ、日本の主要企業も確保に追われている。

ソフトバンクグループ出身の平尾憲映氏が最高経営責任者(CEO)を務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン