/

関電、大飯原発4号機を再稼働 4年8カ月ぶり

関西電力は9日、大飯原子力発電所4号機(福井県おおい町)を再稼働した。4年8カ月ぶりとなる。東京電力福島第1原発事故を受けて導入された国の新規制基準のもとでの原発再稼働は全国8基目。11日にも発送電を始める。原子力規制委員会の最終検査で問題がないと認められれば、6月上旬にも営業運転に移行する。

4月10日の大飯原発3号機の営業運転再開を含めた収益改善効果を踏まえ、7月にも2017年8月に続いて電気料金を値下げする。大飯原発4号機の再稼働は、関電が再稼働を決めた7基のうち4基目。昨夏の値下げは高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の営業運転再開を受け、家庭用で3.15%だった。今回は4%を軸に検討する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン