/

ハーバード大生ら、高校生に教養教育 8月に

米ハーバード大などの学生が講師となり、高校生が教養や英語を合宿形式で学ぶサマースクールが8月、東京、長野、徳島、宮城の1都3県で開かれる。英語による少人数制の講義や寝食を共にした交流などを通じて得た経験を将来の進路選びに生かしてもらおうと、国内外の学生らが企画した。

スクールは海外から10~20人、国内から20~30人の学生が参加し、「寮生活」を再現して高校生と交流を深める。海外大の学生が講師を務める教養セミナーや、社会の一線で活躍する企業経営者らを招いたフォーラムなどを企画する。

日程は東京(定員80人)が8月14~22日、長野県小布施町(同50人)が14~20日、徳島県牟岐町(同50人)が16~22日、宮城県女川町(同60人)が15~21日。いずれも合宿形式で参加費は東京が10万円、ほかは6万円。参加者は書類選考する。締め切りは1次が5月22日、2次が6月11日。ホームページ(http://h-lab.co)で受け付ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン