/

この記事は会員限定です

スルガ銀、不正融資調査で第三者委 シェアハウス破綻

[有料会員限定]

シェアハウス投資をめぐるトラブルで、大半の所有者に建設資金を融資したスルガ銀行は9日、第三者委員会をつくり、審査書類の改ざんなどによる不正融資があったかを調べる方針を固めた。顧問弁護士らの調査で「不正はない」と説明してきた。ただ、この調査は客観性を欠くとの批判を受け、外部専門家に実態解明を委ねることにした。組織的な不正関与の有無が焦点になる。

スルガ銀行は顧問弁護士らで構成する社内の「危機管理委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り608文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン