2018年11月21日(水)

トヨタ「電気自動車に出遅れ」の誤解
トヨタ「CASEバブル」に立ち向かう(下)

コラム(テクノロジー)
AI
自動運転
(1/2ページ)
2018/6/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車業界ではここ数年、いわゆる「CASE(コネクテッドカー、自動運転、シェアリング、電動化)」への取り組みをアピールした企業が株価を上げる一種の「バブル」現象が起きている。トヨタはCASEバブルの激流を受け止めながらも、「安全性」や「信頼性」という最優先事項を守り切れるのか。対応次第ではグループ全体の命運も左右されかねない。

■EVバブルと向き合う

電気自動車(EV)ブームに対して、トヨタは比較…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報