ピーチ、大阪への万博誘致へ空飛ぶ広告塔 特別機公開

2018/5/9 13:51
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは9日、2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致のロゴマークをあしらった特別機「HONA IKOKA(ほな いこか)!号」を関西国際空港で公開した。井上慎一最高経営責任者(CEO)は「日本で唯一大阪を拠点にするピーチから万博の大阪誘致へ向けた機運を高めていきたい」と話した。

ピーチは万博ロゴをあしらい、誘致を後押しする(9日、関西国際空港)

ラッピング機は国内外で大阪の万博誘致活動の認知度を高めることが目的。名称は公募で決めた。発表会に参加した大阪府の松井一郎知事は「特別機は空飛ぶ広告塔。ぜひ利用して大阪と万博誘致を世界に広めてほしい」と期待を込めた。

同機は9日午後の宮崎便から運航し、11月の万博開催地決定まで韓国や台湾など国内外の全路線で使用する。

ピーチは搭乗時に乗客の目に留まるように、一部の機体の前方ドアに誘致ロゴマークを掲示しており、これを全機体に広げる。またスタッフ全員がロゴマークのバッジを着用するなど、全社で誘致活動を展開している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]