2019年4月26日(金)

競馬実況アナ日記

フォローする

競馬ファンの裾野拡大 アニメも入り口に

(1/2ページ)
2018/5/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

競馬場ですっかりおなじみになったスポットに「UMAJO SPOT」があります。競馬場に遊びにきた女性に快適に過ごしてもらい、より競馬を好きになってもらうのが設置の意図です。無料ドリンクや(一部有料の)スイーツの提供など、指定席でもとらない限り落ち着く場所のない女性にとっては、一息つけるオアシスのような場所になっているようです。

女性ファンの憩いの場となっている「UMAJO SPOT」

女性ファンの憩いの場となっている「UMAJO SPOT」

なぜ「ようです」なのか。原則として入場は女性限定で利用経験がないので、想像で語るしかないからです。利用したことのある女性タレントに少し話を聞きましたが、「ありがたい」スポットのようです。

しかし、知り合いの中には否定的な人もいます。旧知の女性ライターは「UMAJO SPOT」より、「長く競馬を支えてきたお年寄りがくつろげるスペースが必要」という意見です。もっともな声ですが、今は新たなファンを増やすことが大切だと思います。

「UMAJO SPOT」が女性ファン開拓のきっかけの一つなら、こちらはどういう分野からのファンの入り口になるのか。そう、今回の主題である「ウマ娘 プリティーダービー」です。サイバーエージェントのゲーム事業子会社、サイゲームス(東京・渋谷)のスマートフォン向けゲームアプリを翻案したアニメです。番組の冒頭に「この作品は実際の競走馬の物語をモチーフとし事実に基づいた表現を心がけたフィクションです」と説明がある通り、ウマ娘という現実世界の競走馬の名前と魂を受け継いで生まれてきた少女たちが、日本ウマ娘トレーニングセンター学園に在籍し、国民的スポーツ・エンターテインメント「トゥインクル・シリーズ」へのデビューへ向けて特訓に励むというものです。実際のエピソードをもとに、私のような競馬好きが見たら、「それか!」と叫びたくなるネタが満載です。私自身まだ見始めたばかりですが、一部をご紹介します。

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」 (C)2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」 (C)2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

ウマ娘には馬の尻尾と耳が生えていて、ずば抜けた走力を持っています。ちなみにアニメの主人公は4月27日に不慮の事故でこの世を去ったスペシャルウィークの名前を持つウマ娘で、東京に出るまでほかのウマ娘と会ったことは一度もなく、生みの親は生まれて間もなく死亡という設定。これは実在のスペシャルウィークの母、キャンペンガールがスペシャルウィークを産んだ5日後に死んだことをモチーフとしています。

そのほかにも、数多くの名馬の名前を持ったウマ娘が登場します。サイレンススズカというウマ娘は番組冒頭のレースシーンで、前半の1000メートルを57.8秒でそのまま押し切ります。スペシャルウィークが初めてトレセン学園に入寮したとき、迎える先輩の名前がフジキセキ。いきなりクラスで話しかけてくるのがなぜかハルウララ(レースシーンでは弱かったです、やはり)。エルコンドルパサーとグラスワンダーは帰国子女、学生食堂でてんこ盛りのご飯を食べている大食いキャラがオグリキャップ。ちなみにスペシャルウィークも大食いです。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
本馬場に向かうアーモンドアイ。多くの観衆がカメラを向けていた

 3月30日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場でドバイ国際競走が行われました。日本調教馬は9頭が出走し(ドバイ・ワールドカップのケイティブレイブは出走取り消し)それぞれに健闘しました。 …続き (4/13)

大井競馬場は4月からナイターシーズンになる=特別区競馬組合提供特別区競馬組合提供

 競馬場でファンファーレが鳴る。全ての競馬ファンが心を一つにする瞬間である。そうした競馬を盛り上げる「スパイス」として欠かせないファンファーレが、今回の主役だ。
 取材したのは、「大井競馬場の顔」として …続き (3/30)

ナリタブライアンとマヤノトップガンが競り合った96年阪神大賞典

 3月24日の高松宮記念で始まる競馬の春のG1競走に向け、毎週のようにステップ競走が行われるこの時期は1年を通じて最もぜいたくな季節かもしれない、と思うことが多々あります。17日の阪神大賞典、スプリン …続き (3/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]