/

この記事は会員限定です

「核合意破棄」でも円下落 110円台視野に

経済部 今堀祥和

[有料会員限定]

中東情勢混乱への懸念からリスク回避の円高が進む――。トランプ大統領が8日(日本時間9日未明)、イラン核合意からの離脱を表明し、市場ではそんな予想が広がった。しかし予想とは裏腹に外国為替市場では円相場が下落し、このまま110円台後半まで円安が進むとの見方も出ている。

離脱表明直後の海外市場で円相場は1ドル=108円台後半まで上昇した。だが東京市場では109円台半ばと3日以来の円安水準で推移している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン