/

経済協力や保護主義への対応議論 経産相と中国閣僚

世耕弘成経済産業相は9日、同日都内で開く日中韓3カ国の首脳会談で来日した中国の国家発展改革委員会トップの何立峰氏、鍾山商務相とそれぞれ会談した。医療や教育などサービス分野や第三国への展開協力を確認したほか、世界的な保護主義への対応や世界貿易機関(WTO)を核とした多角的貿易体制のあり方についても議論した。

世耕氏は鍾山氏との会談の冒頭、「経済関係の発展が両国の最も重要な基盤のひとつ」とあいさつ。鍾山氏は「2国間協力やマルチ貿易体制への支持などについて意見交換したい」と応じた。何立峰氏も「李克強(リー・クォーチャン)首相の訪日を通じ、両国の経済や(鉄鋼などの)生産能力における協力、両国関係の改善を促進していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン