2018年12月12日(水)

アルツハイマー病、症状なくても原因物質蓄積
東大など、日本人でも裏付け

2018/5/9 13:01
保存
共有
印刷
その他

東京大学の岩坪威教授らは、アルツハイマー病は症状が出ていない健常な段階でも病気の原因とされるたんぱく質が蓄積し、やがて認知機能の低下が進むとの研究結果をまとめた。これまで米国でも同様の結果が出ていたが、日本人を対象にした調査で明らかになったのは初めて。治療薬や早期段階での検出法の開発につなげる。9日付の米医学誌に発表した。

同病は脳内にアミロイドベータというたんぱく質がたまって固まり、神経細胞を傷つけることで発症するとされる。認知機能などに障害が出るが治療薬はまだ開発されていない。

研究チームは2008年から、早期段階での症状の進行を解析するため「J―ADNI」と名付けた臨床研究を始めた。物忘れなどの記憶障害が出始めた早期段階と発症の前段階とされる軽度認知障害の患者に加えて、健常者を調査。全国38の医療機関で、脳にたまったアミロイドベータの量や認知機能に関する試験の結果などを最長3年間にわたって追跡した。

陽電子放射断層撮影装置(PET)を使って脳のアミロイドベータを調べたところ、症状の出ていない健常者でもアミロイドベータの蓄積が始まっていることを確認した。また認知機能のテストの結果は症状の進行に伴って変化し、米での同様の調査と一致していた。

第2期のJ―ADNIは13年から始まっており、発症前の脳の変化も詳しく探る。調査結果のデータなどは一般に公開している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報