2019年3月24日(日)

長良川河口堰、今秋に現地調査へ 開門巡り愛知県有識者委

2018/5/8 22:04
保存
共有
印刷
その他

愛知県は8日、長良川河口堰(ぜき)の開門調査の可否などを検討する有識者委員会を開いた。今秋にも同委員会が現地の川底を測量し、堰を開いた際に塩害が生じる可能性があるかどうかなどについて調査する方針を決めた。

長良川河口堰の開門調査の可否について議論する愛知県の有識者委員会(8日、名古屋市中区)

堰の運用から約20年が経過したことを踏まえ、海水の遡上に影響するとされる川底の土砂の堆積状況などを調べる。県民向けの堰周辺の見学会も催す。

県は河川の環境回復のために、堰の開門調査に向けた検討を重ねている。国土交通省は堰を開くと海水が遡上し、農地での塩害や、水道の取水に影響が出るとして、開門調査は適切ではないとの見解を示している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報