/

この記事は会員限定です

武田がほれた、シャイアーの創薬基盤

[有料会員限定]

武田薬品工業が合意した総額約460億ポンド(約6兆8千億円)の買収劇。アイルランド製薬大手シャイアーにほれこんだ理由は、両社の製薬ラインアップを見比べると如実に浮かぶ。消化器など従来の重点領域での相乗効果は限定的だが、それを差し引いても、武田はシャイアーが持つ希少薬開発力を評価した。

ある国内証券アナリストは「合併による相乗効果は乏しい」と指摘する。製薬企業の合併では、同じ領域の開発事業を重ねて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン