エクスペディアCEO「アジアで旅行予約シェア1割」

2018/5/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット旅行会社最大手、米エクスペディアグループのマーク・オカストロム最高経営責任者(CEO)は8日、「アジアで(現在の5倍となる)10%のシェア獲得を目指す」との方針を明らかにした。同社は人工知能(AI)を使って最適な宿泊先を提案するサービスなどを提供し、世界で存在感を高めている。アジアで本格展開し、旅行業界の「アマゾン」を目指す考えだ。

日本経済新聞社の取材に応じた。同社は北米で12%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]