2018年11月21日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,121,415億円
  • 東証2部 86,646億円
  • ジャスダック 93,642億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.59倍13.68倍
株式益回り7.35%7.30%
配当利回り1.81% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,583.12 -238.04
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,540 -300

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

11月20日(火)14:18

日産役員 官房長官にゴーン氏逮捕の経緯説明[映像あり]

経産相 米中対立「日本企業への影響注視」

11月20日(火)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

好悪材料交じる株式相場 米に続けば一段高も
編集委員 前田昌孝

(1/2ページ)
2018/5/9 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式相場を考えるうえで、大型連休前と大きく変わったことが3つある。第1は米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhoneX(テン)」の販売が意外と好調だったこと、第2は米国の原油先物価格が一時1バレル70ドル台に乗せたこと、第3は米中貿易摩擦が長期戦になったことだ。8日は日経平均株価が小反発ながら3カ月ぶりの高値を付けた。米ハイテク株高に続くことができれば、日経平均も一段高になるかもしれない。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム