/

街中映画館の灯守る 序破急社長 蔵本順子さん(語る ひと・まち・産業)

劇場ゆったり 広島らしく

広島市内中心部・八丁堀。百貨店や商店ビル、オフィスビルが立ち並ぶ広島随一の繁華街だ。この街中で「八丁座」「サロンシネマ」の2つの映画館を運営する序破急(広島市)。蔵本順子社長は父から経営を受け継いだ2代目社長だ。

 くらもと・じゅんこ 1950年生まれ、広島市出身。73年、広島女学院大卒。大学卒業後は東京で暮らしていたが、家業を継ぐため広島にUターン。81年に公楽産業有限会社サロンシネマ(現・序破急)社長。

「実家は広島市内のタカノ橋商店街の一角で、小さな映画館を経営していた。自宅が映画館ということで、小さなころから毎日のように映画を見て育った。1950~60年代は映画の最盛期で、広島市内にもたくさんの映画館があった」

「憧れた八丁堀など街中の映画館におしゃれをして出向き、映画の後はレストランで食事をしたり買い物をしたり――ドキドキ、わくわくする『理想の休日』には街中の映画館が欠かせないと思っていた」

 ■70年代に入りテレビが一般家庭に普及し始めると共に映画館は減少傾向になる。蔵本氏が父から経営を引き継いだのは81年のことだった。

「大学卒業後は東京で暮らしていたが、実家の映画館を引き継ぐことになって広島に戻った。経営が厳しいとは聞いていたが、観客が1人もいない日もあり危機感は強かった。ニッチで小規模でも良質な映画を上映するアート系ミニシアターへの転換などで経営難を乗り越えた」

「90年代に入り郊外型のシネコンが台頭すると、広島でも街中の映画館が次々と閉鎖していった。『街中映画館の時代は終わった』とも言われたが、様々な文化や芸術に触れられてこその街中。そのためにも街中の映画館をなくしてはならない、と一念発起して開業したのが『八丁座』だ」

 ■2010年、地元百貨店の8階に映画館・八丁座を開いた。ふすま絵やあんどんなど昔ながらの芝居小屋の雰囲気を出しつつ、広々と座り心地の良い座席やカフェを併設するなどこだわりも。俳優や監督など映画関係者からの人気も高く、全国から視察が絶えない。

広く座り心地のよい椅子は広島県内メーカーの特注品だ(八丁座の館内)

「憧れの街中に出すということで、今までにない映画館を作りたかった。シネコンが米国文化なら八丁座は日本、広島文化を前面に押しだそうと、いすは県内メーカーの特注品だ。映画は『楽しむもの』だから、飲食物を持参しても構わない。アート系や話題作を含め幅広いジャンルを上映しているが、特に『広島』をテーマにした作品は積極的に上映したり、企画を練ったりして盛り上げている。それが八丁座らしさだ」

「呉が舞台のアニメ映画『この世界の片隅に』は公開から1年以上、上映し続けた。『広島の映画館で見たい』と海外から観に来た団体客もあった。県外からの見学者もいまだに多い」

「全国で街中の映画館がなくなりつつあるが、広島は映画館の灯がともり続ける街でありたい。今後はシネコンしか知らない中学・高校生の世代にも見学を通じて、多様な映画館の文化に触れてもらう機会を作っていきたい。映画館に年間を通すとたくさんの人が訪れるように、映画には人を動かす力がある。より良い芸術や地域文化を発信し続けることで、広島街中の人の流れを変えるくらいの劇場に育てていきたい」

老舗映画館、相次ぐ閉館

《一言メモ》 「新しい盛り場(繁華街)の中心は映画館であった」。広島市が刊行する「広島新史 都市文化編」によると、戦前に広島市中心部に集中していた映画館・劇場は原爆でほとんどが壊滅したが、戦後間もなくから広島駅前や都心部で映画劇場が相次ぎ開館し、市民の娯楽の中心として栄えた。「被爆後数カ月で映画の上映が再開した。映画は戦後の広島の復興の活力にもなっていた」と蔵本社長。

シネコンの台頭による動員数の減少などで、2000年代以降、「広島スカラ座」や「広島宝塚会館」など街中の老舗映画館が相次ぎ閉館した。八丁座も08年に閉館した映画館の跡を全面改装したものだ。序破急が運営するもう一つの映画館「サロンシネマ」は、14年に老朽化で閉館した原点でもあるタカノ橋サロンシネマを受け継いでいる。

(広島支局 佐藤亜美)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン