/

この記事は会員限定です

新薬創出続くかカギ 武田の研究開発

[有料会員限定]

武田薬品工業がシャイアーを買収すれば、研究開発費は全世界の製薬でもトップ10に入る規模となる。短期的にはグローバルで年100件の臨床試験(治験)を進める米メルクやスイス・ロシュといった製薬大手と同様に新薬開発の幅は広がる。ただ巨額買収による規模拡大が長期的には世界で競争力のある新薬開発につながるかどうかは不透明だ。

製薬業界で大型買収が相次ぐなか、武田のM&A(合併・買収)は旧来型と指摘される。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン