/

ヤフーのTOB巡るインサイダー疑惑 告発見送り

ヤフーが電子書籍の配信会社を子会社化した際のTOB(株式公開買い付け)を巡るインサイダー取引疑惑について、証券取引等監視委員会が検察への告発を見送ったことが8日、関係者の話で分かった。配信会社の関係者の知人が未公表情報を基に取引したとして調べたが、重要事実の伝達ルートの解明が困難と判断したとみられる。

ヤフーは2016年6月、電子書籍大手の「イーブックイニシアティブジャパン」を子会社にするため、TOBを実施すると発表。このTOBを巡りインサイダー取引が行われた疑いがあるとして、監視委は金融商品取引法違反容疑で関係先を強制調査していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン