/

JR東、東京―伊豆に新型観光特急 全車グリーン

JR東日本が投入する観光特急列車のイメージ(同社提供)

JR東日本は8日、東京都心と伊豆半島をつなぐ新型の観光特急列車を2020年春をメドに投入すると発表した。全ての客車がグリーン車タイプで、一部についてはワンランク上の客車を連結し、座席数を2列にする。伊豆が訪日外国人に注目されるなか、独自色を出した新型車両を投入することで、伊豆への集客力を高めていく。

特急観光列車の「プレミアムグリーン車」のイメージ(JR東日本提供)

JR東日本にとって、全客車にグリーン車タイプを採用し、定期運行するのは初めて。

1編成8両で定員は164人。デザインは奥山清行氏が担当。外装カラーは伊豆の海や空、砂浜などをイメージし、紺ぺき色や白色を採用した。

中でも、グリーン車よりも上質な「プレミアムグリーン車」を1両分連結。同社初の取り組みで、座席の幅は1メートル25センチとゆとりを持たせる。このほか、個室だけの車両も2両つなげる。

全ての車両に天窓を設ける。これまで特急電車の食事メニューでは珍しかった麺類も提供する。新型特急は毎日1本ずつ運行する方針で、東京駅・新宿駅と伊豆急下田駅(静岡県下田市)を結ぶ。特急の名称や利用料金は未定だ。

今回の車両「E261系」は2編成分造る。新造費は合計で70億円。8日開いた記者会見で深沢祐二社長は「ラグジュアリーを求めるお客様に、上質なサービスを提供したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン