/

今国会中にセクハラ防止策 野田総務相、罰則も検討

女性活躍を担当する野田聖子総務相は8日の閣議後記者会見で、福田淳一前財務次官のセクハラ疑惑を受け「セクハラとはどういうことか、ルールを明確にしないといけない」と述べ、罰則を含む法整備など再発防止策をまとめる意向を表明した。「必ず今国会中に担当閣僚として答えを出したい」とも語った。

セクハラ問題をめぐっては、麻生太郎財務相が4日に出張先のマニラで「セクハラ罪という罪はない」と発言。8日の記者会見でも「親告罪なので訴えられなければ罪ではない。事実を言っただけだ」と強調した。

公明党の山口那津男代表は「すぐに刑罰を持ち出すのではなく、どういうことがセクハラに当たるか、理解を促す必要がある」と罰則導入には慎重な姿勢を示した。麻生氏には「今後の規律と立て直しに最大の責任を果たしていただきたい」とくぎを刺した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン