2018年10月23日(火)

認知症治療の最前線 悲観論を超える挑戦
科学記者の目 編集委員 滝順一

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/5/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京大学で3月にアルツハイマー病治療の現状について専門家が意見交換をする円卓会合があった。認知症の大半を占めるアルツハイマー病の治療薬開発に対してこのところ悲観論が出ている。アルツハイマー病特有のたんぱく質「アミロイドベータ」を標的に進めてきた臨床試験で思わしくない結果が相次いだためだ。その一方でなお期待を集める候補薬もあり、悲観論は時期尚早との見方も根強い。

■薬の候補が水平線上にみえない

円卓…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報