/

この記事は会員限定です

認知症治療の最前線 悲観論を超える挑戦

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

東京大学で3月にアルツハイマー病治療の現状について専門家が意見交換をする円卓会合があった。認知症の大半を占めるアルツハイマー病の治療薬開発に対してこのところ悲観論が出ている。アルツハイマー病特有のたんぱく質「アミロイドベータ」を標的に進めてきた臨床試験で思わしくない結果が相次いだためだ。その一方でなお期待を集める候補薬もあり、悲観論は時期尚早との見方も根強い。

薬の候補が水平線上にみえない

円卓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン