2018年5月23日(水)

金正恩氏、中国大連訪問の可能性 韓国報道
現地は厳戒態勢に

南北首脳会談
米朝首脳会談
朝鮮半島
2018/5/8 12:43
保存
共有
印刷
その他

 【大連=原島大介、ソウル=山田健一】韓国の聯合ニュースは8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が中国東北部の遼寧省大連を訪問した可能性があると報じた。聯合によると、複数の北朝鮮消息筋の話から北朝鮮の最高幹部が7日に空路で大連に到着して中国側と接触していることが分かったという。

中国遼寧省大連市の空港に到着した北朝鮮の高麗航空機(8日)=共同

 北朝鮮と大連の間に定期航空便はないが、8日昼すぎには北朝鮮の高麗航空機も大連の空港に着陸した。

 最高幹部が金正恩氏である確証はないもようだが、北朝鮮消息筋の一人は「金正恩氏の専用機と推定される航空機が大連で目撃されたとの情報がある」と語ったという。聯合は金正恩氏だった場合、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と首脳会談を開くことも想定されると伝えた。

 金正恩氏の可能性が取り沙汰される最高幹部が滞在している大連は7日から厳戒態勢が敷かれた。空港は同日午前から一時閉鎖された。また最高幹部の宿泊施設の周辺は8日午前も通行禁止となり、警察関係者が周囲を張り巡らして警戒に当たった。

 今後の米朝首脳会談を見据えて、北朝鮮が中国に再び接近を図っている可能性がある。中朝の連携を強調し、完全な非核化を求める米国に対抗する思惑とみられる。

 ただ中国初の国産空母の試験航海を前に、中国政府が北朝鮮幹部を招待したとの見方もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報