2018年10月18日(木)

フィギュア

わが町に浅田真央がやって来る! 全国ツアー開始

2018/5/8 11:51
保存
共有
印刷
その他

「浅田真央が全国に感謝を届けます」。このキャッチフレーズと共に、2017年に現役引退したフィギュアスケートの大スターが演出する「サンクスツアー」が3日、新潟で開幕した。出演者の選考から演出まで、浅田さんがほぼ一人で担うというかつてない挑戦だ。

新潟を皮切りに10都市を回る予定の浅田さん

初日前夜、初めて通し稽古を終えた感想を聞かれると、朗らかだった浅田さんの目から突然、涙があふれた。「(出演者には)ショーに出たことない子もいて、すごい大変だったろうし、緊張もあったと思うのにすごい頑張ってくれた。形になって感動しちゃった」

本番前日まで全体像が見えず、不安もあったようだが「私が緊張するとみんなに伝わっちゃう」と快活に振る舞っていた。リハーサルを終え、急に緊張がほぐれ感極まった。

このツアーは有名なゲストを呼ばず、固定キャストで行う。全国区の知名度があるのは浅田さん、姉の舞さん、同級生の無良崇人さんだけ。そのほかは写真共有サイトで公募をかけて選んだという18歳から29歳までの男子3人、女子4人。モンゴル人、スペイン人も含むこのメンバーに浅田さんの現役時代のプログラムをメドレーで滑ってもらう。

もちろんオリジナルの振り付けでは難度が高すぎる。世界観を壊さず、みんなが滑れるようにアレンジし、オープニングは新しく創った。初演出にしてはハードルが高そうだが、やると決めたら労をいとわず、手を抜けない。2演目だけ振付師の力を借り、残りは全て自分で振り付けた。「すべてにおいて『こっちがいいんじゃない?』とアイデアをくれる。頼もしいリーダー」と舞さんも妹を頼りにしている。

上演中、浅田さん本人は80分近くほぼ出ずっぱり。体力も驚異的だ。「みんなシングル選手だから(合わせるのが)大変で。高地合宿もしたんです。助け合って大変な過程も楽しめた。他にない一体感があると思う」。けなげで一生懸命なツアーの雰囲気も、トップスケーターによるショーに遜色ない見応えに貢献している。

掲げた「感謝」というテーマに目新しさはない。このツアーが画期的なのは、普段ショーを見る機会がない地方の小さなリンクを中心に会場を選び、チケット代も最高7500円と平均的なショーの4割以下に抑え、熱心なファンに偏らないよう地元住民優先で販売したことだ。

「まだ見たいといってくれる人がいるなら」と、昨夏にはスケート靴を捨てるつもりだったのに戻ってきた浅田さん。まず10都市を回る予定だが、新たな問い合わせも来ている。「もっと続けたい」と意欲十分だ。

リンクと「真央ちゃんに会いたい」という熱意があれば、あなたの町にもやってくるかも。

(原真子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

男子フリーで演技する高橋大輔=共同

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストの高橋大輔(関大KFSC)が近畿選手権(8日まで、兵庫県尼崎市)で4年ぶりに試合に復帰、3位だった。西日本選手権(11月、名古屋市)へ進出 …続き (11:26)

公開練習で調整する紀平梨花=共同

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが19日、アメリカ大会を皮切りに開幕し、第4戦NHK杯は広島で行われる。全6戦終了後、各種目獲得ポイント上位6位までがGPファイナル(12月、カナダ・バ …続き (16日 22:41)

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第7戦、アルメニア大会は12日、エレバンで行われ、女子はショートプログラム(SP)6位の横井ゆは菜がフリーで2位となり、合計184.09点で3 …続き (13日 11:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]