/

この記事は会員限定です

武田7兆円買収、日本勢は米国市場めざす

[有料会員限定]

アイルランドの製薬大手シャイアーに対し正式に買収提案する武田薬品工業。狙いの一つは医薬品の世界最大市場である米国のテコ入れだ。アステラス製薬などは薬価引き下げが続き成長が見込みにくい日本から米国に軸足を移しつつある。武田の巨額買収提案をきっかけに、日本の製薬各社がM&A(合併・買収)で米国を目指す動きが加速する可能性がある。

米国が製薬最前線

 日本貿易振興機構(JETRO)の資料によると、2017年の米国の医薬品市場は339...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン