2018年7月20日(金)

埼玉県信金、本店営業部リニューアル 防災拠点機能も

南関東・静岡
2018/5/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

 埼玉県信用金庫(埼玉県熊谷市)は創立70周年を記念して本店営業部を改装し、7日開業した。建物に地震の揺れを軽減するダンパーを設置して耐震性を高めたほか、食糧を備蓄するなど、災害時には地域住民の避難拠点になるようにした。また宿場町だった街の雰囲気に合わせて和風の外観にした。以前の建物は老朽化が進み、2016年から解体を始めていた。

4階に設けたホールは住民も利用できる

 3~4階のホールや会議室は予約制で地域の企業や住民に貸し出す。橋本義昭理事長は「セミナーの開催や音楽などの趣味に使ってほしい」と話す。ATMやインターネットバンキングの普及を踏まえ、銀行業務以外の来店を増やす狙いもある。2階には新たな個人客向け相談コーナー「彩りプラザ」を設けた。女性職員を中心に個人資産の運用や事業承継の相談にのる。

 同信金は鴻巣支店も6月11日に移転・開業するほか、川越支店も建て替え中で、70周年を機に中核的な店舗を一新する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報