2019年9月24日(火)

シナノケンシ、障害者教育事業を強化

2018/5/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

精密モーターのシナノケンシ(長野県上田市)は7日、障害を持つ子ども用の音声読み上げアプリ「いーリーダー」のウィンドウズのタブレット端末向け製品の販売を始めた。ウィンドウズ向けは業界初という。これまでアップル製のiPadに限っていたアプリをウィンドウズにも広げることで利用者の拡大を狙い、年間1000件の契約を目指す。

読んでいる部分を強調することで読字障害の児童が学習しやすくした

いーリーダーは文字を読むことが難しい障害を持つ子ども向けに、教科書などを読み上げるアプリ。子どもが読みやすいように背景や文字の色を変えたり、読むスピードを変えたりできる。シナノケンシは総務省から3年間で計1400万円の補助金を得ており、開発に一部を活用した。

iPad版は2016年1月の発売以来、累計で約1000件の利用があるという。シナノケンシは「文部科学省によると読み書きに困難がある子どもは全体の2.4%に上る。学校教育のIT(情報技術)化が進めば利用は一段と増える」(システム機器ビジネスユニット)と見込む。

同社は本を音声で読み上げる専用機器など、福祉事業に注力している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。