NTTぷらら、アニメ制作のIGポートと資本提携

2018/5/7 19:18
保存
共有
印刷
その他

NTTぷらら(東京・豊島)は7日、アニメ制作のIGポートと資本業務提携したと発表した。両社は共同でスマートフォン向けのアニメ配信などに取り組む。スマホやゲーム、仮想現実(VR)などメディアの多様化に伴って、コンテンツ制作会社と通信事業者の協業が加速しつつある。

NTTぷららは同日、IGポートの発行済み株式の約5%を取得した。IGポートは「攻殻機動隊」シリーズを制作したプロダクション・アイジーや「進撃の巨人」のアニメ制作を担当したウィットスタジオなどを傘下に持つ。

両社は17年からスマホ画面に適した縦型動画配信サービスを開始するなど、これまでも協業を進めてきた。多様化するメディアに対応したコンテンツを生み出すためには、より踏み込んだ提携が必要と考え、資本業務提携に至ったという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]