/

この記事は会員限定です

「海賊版サイト」が巻き起こした新たな憲法論議

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

憲法改正を狙う首相の安倍晋三が新たな憲法論議の火種を抱え込んだ。インターネット上の漫画などの「海賊版サイト」による著作権侵害の緊急対策を首相官邸が主導。プロバイダー(接続事業者)の自主的な取り組みとして、利用者の同意なしで接続遮断(ブロッキング)を促し、NTTグループが実施を決めた。ただ、法学者らは憲法が保障する「通信の秘密」に触れると反対し、立法論も強まる。

民間の自主判断で接続遮断

「いよいよ私たちが改憲に取り組むときが来た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン