2018年6月21日(木)

ベンツがV6エンジン廃止 背景にディーゼル規制

自動車・機械
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/3ページ)
2018/5/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 独ダイムラーが約20年振りに直列6気筒ガソリンエンジンを投入した。併せて、従来のV型6気筒の開発をやめる。背景に、ディーゼルエンジンに厳しくなる環境規制がある。

■新型直6 Sクラスに搭載

 新型直6「M256」は排気量3.0Lの直噴ターボガソリンエンジンで、メルセデス・ベンツ「Sクラス」に搭載する。日本仕様の最高出力は270kW、最大トルクは500N・mに達する[注1]。48V電源対応のISG(発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報