/

引きこもりの孤立防げ 当事者らが全国組織

全国の引きこもりの当事者や支援者らがこのほど、NPO法人を設立した。引きこもりの人の孤立を防ぐため、生活や雇用の情報を提供したり、相談窓口を運営したりする。同法人によると、ひきこもり当事者による初の全国組織という。

引きこもり当事者らが集まって結成したノードの記者会見(7日、東京・霞が関)

名称は「Node」(ノード、東京・中央)。引きこもりの人同士をつなぐ趣旨から、英語で「結び」を意味する「ノード」と名付けた。引きこもり経験者らが体験を語り合う全国の自助グループやその支援者などが集まって結成した。

自治体や医療機関の相談窓口や各地の自助グループの情報を提供するウェブサイト「ひきペディア」を開設したほか、企業担当者を招いたイベントを開催する予定。

引きこもりの自助グループや家族会などは全国にあるが、都市部に多く、地域によっては本人や家族が情報を得にくいなどの課題があった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン