金の世界需要7%減 1~3月、投資資金流入鈍る

2018/5/7 17:42
保存
共有
印刷
その他

世界の金需要が減少している。金の国際調査機関、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は1~3月の需要が前年同期比7%減の973.5トンだったと公表した。上場投資信託(ETF)など投資分野の減少が目立ち、同期間としては10年ぶりの低水準だった。

ETF需要は66%減の32.4トン。2017年は仏大統領選など政治リスクを背景に欧州からETFに資金が流入したが、今年1~3月の流入ペースは緩やかだった…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]