/

松沢氏らが新「希望の党」設立 5人が参加

松沢成文参院議員らが7日、国会内で記者会見し、国民民主党に合流した玉木雄一郎氏らと分党し、新たに「希望の党」を設立したと発表した。松沢氏が代表に就任し、中山成彬、井上一徳両衆院議員と中山恭子、行田邦子両参院議員が参加し計5人で立ち上げた。松沢氏は「離合集散を繰り返しては信頼は生まれない」と国民民主党を批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン