/

この記事は会員限定です

岡山芸術交流 来秋へ始動 瀬戸芸との連携深める

集客の相乗効果狙う

[有料会員限定]

岡山市中心部で来年秋に開催する現代アートの国際イベント「岡山芸術交流2019」の準備が本格的に始まった。実行委員会(会長・大森雅夫岡山市長)は先月、総会を開き基本計画やロゴマークを決めた。2回目となる19年は、同時期に開催される瀬戸内国際芸術祭秋会期との連携を深め、16年の初回以上のにぎわいと新たな街づくりの方向性確立を目指す。

「今年9月から10月にかけプレイベントを開きます」。16年に続き総合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン