/

楽天、早くも自力V消滅 諦めるにはまだ早い

まさかここまで低迷するとは――。2017年は開幕ダッシュに成功し、8月半ばまで首位を快走した楽天が今季、苦しんでいる。開幕戦こそ、延長十二回の死闘を3-2で制してロッテに勝利したものの、その後5連敗。3、4月は2連勝が1度あったのみで、7連敗を喫するなど6勝19敗1分けに終わった。月が変わって5月2日は岸孝之が3安打131球で完封勝利。幸先いいスタートを切ったかと思われたが、その翌日は打線が11安打を放ちながらわずか1点とつながらず日本ハムに逆転負けした。地元仙台での4日からの西武との3連戦でも白星を挙げることができず、ここまで7勝23敗1分けの借金16。勝率2割3分3厘で31試合目にして早くも自力優勝が消えてしまった。

6日の西武戦で、藤平(手前)は四回途中で9失点と打ち込まれた=共同

先発打ち込まれ、打線も沈黙

6日の西武戦。連敗阻止のマウンドに上がったのは2年目の藤平尚真。梨田昌孝監督が「若い選手の中で一番期待している」という19歳は一回表に先頭の秋山に四球を与えるなど、立ち上がりから制球が不安定だった。ボール先行でカウントを悪くする投球は三回、西武打線の餌食になる。1死から秋山にソロ、浅村に2ラン、栗山に3ランと3本の本塁打を浴びてしまう。

藤平は続く四回にも浅村の適時打や森の犠飛などで3失点。負ければ自力Vが消滅するという重圧のかかるマウンドは経験の少ない若手には厳しすぎたのか、四回途中で被安打8、与四死球8で9失点の内容に藤平は「実力不足です。(西武打線は)個々の力が高いので、慎重になりすぎた。慎重になりすぎて自分のボールが投げられなかった」とうなだれた。

打線も西武の継投の前に4安打で零封負け。地元仙台で満員の観衆が見つめる中、0-11の大敗の屈辱に梨田監督は「負けるにしても、中身がなさすぎる。一番悪いのは監督」と怒りを押し殺して話すしかなかった。

開幕前は希望に満ちていた。オープン戦は9勝5敗2分けの3位と好調だった。昨季、シーズン終盤に失速して3位に終わったものの、クライマックスシリーズ(CS)ではファーストステージで西武を破ってファイナルステージに進出。経験を積んだこともあり「優勝を狙える可能性がある」と梨田監督も自信を深めていたはずだった。

ところが、開幕すると投打がかみ合わない。特に低迷の原因となっているのが貧打だ。チーム打率2割1分6厘は断トツの最下位(トップは西武の2割9分5厘)だ。昨季はペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人トリオが打線を引っ張ったが、今季はいずれもバットが湿っている。なかでも昨季は最強の2番打者として活躍したペゲーロは本塁打こそ6本だが、打率は1割9分4厘で三振はリーグワーストの47。4番に座るウィーラーも打率2割3分7厘で2本塁打、打点はわずかに8だ。

5日の西武戦で則本(左から2人目)は3回で9安打され、7点を失った=共同

先発陣も防御率1.89で2勝1敗の岸と0勝3敗と勝ち星には恵まれていないものの防御率2.56の辛島航は安定している。一方で昨季、2桁勝利を挙げた則本昂大や美馬学が頼りない。特に岸と並ぶエースの則本が2勝3敗、防御率5.26にとどまっているのが痛い。5日の西武戦では3回で9安打を浴び、7点を失ってKOされた。3敗はいずれも西武戦で失点は6、6、7と打ち込まれていることも気がかりだ。昨季は10度を数えた2桁奪三振もまだ1回。「試合をつくれず申し訳ないです。それ以外何もありません」と肩を落としたエースの復調は楽天が反転攻勢をかけるためにも欠かせないのだが……。

抑えの松井に復調の兆し

救援陣も抑えの松井裕樹が3敗2セーブの防御率6.55、昨季23ホールドの福山博之が防御率6.91と安定していないため、勝利の方程式が成り立たない状況だ。ただ、松井裕は4日の西武戦で復調の兆しをみせた。2死二塁から暴投で二塁走者の生還を許して負け投手になってしまったものの、この回は振り逃げを含む4三振を奪った。スライダーの切れは本来の鋭さを取り戻しつつある。梨田監督も「あれぐらい開き直った感じで投げてくれればいい。次につながる」と評価した。

自力優勝が消えたとはいえ、まだ今季は112試合残っている。1月に球団副会長を務めていた星野仙一元監督が急逝し、「闘将」の思いを引き継ぎ5年ぶりの日本一を誓った今季。投打に課題が山積とはいえ、波に乗れば昨季のように勝ち星を重ねるだけのタレントはそろっている。諦めるにはまだ早い。

(馬場到)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン