/

この記事は会員限定です

「優等生」アステラス、新体制で一皮むけるか?

[有料会員限定]

国内医薬品2位のアステラス製薬に変化の兆しが見えてきた。製薬業界は武田薬品工業による買収劇に揺れているが、アステラスは武田とは好対照の堅実経営で知られる。ただ4月に就任した安川健司社長は、研究開発体制見直しや人員削減に着手し、今後は従来にない規模の買収も辞さない構えだ。業界の「優等生」から脱皮できるか。

「買収額の上限が2千億円だとは思ってほしくない」。アステラスが4月下旬に開いた2018年3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン