/

日産、欧州でディーゼル車撤退 新型車に搭載せず

日産自動車は欧州でディーゼル車の販売から撤退する。新型車へのディーゼルエンジンの搭載をやめる。英仏は2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する方針で、欧州連合(EU)も先んじて規制を強めている。トヨタ自動車も欧州ではディーゼルエンジンを搭載しない方針。自動車大手に「脱ディーゼル」の動きが広がってきた。

日産は今後欧州で投入する新型車にディーゼルエンジンを搭載しない。既存のディーゼル車の販売は21年まで続けるが、新型車に切り替われば欧州でディーゼルの乗用車を販売しなくなる。電気自動車(EV)など電動車の販売を増やす。日本などほかの地域でのディーゼル車の販売は継続する方針だ。

自動車大手は一斉に脱ディーゼルに動いている。ホンダも欧州の一部車種でディーゼル搭載をやめる。ボルボ・カー(スウェーデン)や仏ルノーなども新しいディーゼルエンジンを開発しない方針を表明している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン