/

この記事は会員限定です

八丁味噌、製法巡る論争続く GI制度で老舗2社が対象外

[有料会員限定]

地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度に登録された愛知の豆みそ「八丁味噌」の定義を巡り、同県岡崎市の老舗2社が不当と主張している。近代的な製法などが認められており、江戸時代から守る製法と相いれないためだ。老舗側は保護の対象外。国は追加登録を勧めるが、「伝統は曲げられない」と隔たりは大きく、論争は容易に収束しそうにない。

4月下旬、「カクキュー」ブランドで知られる「八丁味噌」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン